REPORT

活動報告

令和4年度安全大会

2022.07.13

市原市建設連合協同組合・千葉県建設業協会市原支部主催による令和4年度の安全大会が、7月13日市原建設センターにおいて、実施されました。
大会は労働災害により殉職された方々の御霊に対し黙祷を捧げた後、笹原副理事長の開会の言葉で始まり、主催者の宮原理事長の挨拶、千葉労働基準監督署長市倉様、建災防千葉分会長山内様のご祝辞と続きました。その後工事の安全に功績のあった法人、個人に対し表彰を行い、受賞者を代表し南武建設様が受賞者代表謝辞を行いました。引き続き千葉労働基準監督署安全衛生課長鈴木様から「労働災害の防止について」講和を頂き、山内工業の平野様の大会宣言、菊池副理事長の閉会の言葉で盛会のうちに安全大会は終了しました。
その後行われた抽選会はコロナ禍での規模を縮小した大会でしたので、初めての試みとしてライブ配信で行われました。また、安全大会自体も後日ホームページでの配信を予定しているとのことですので、是非ご視聴ください。

 

表彰者(敬称略)

法人の部  ㈱南武建設

個人の部  石井浩一(石井興業㈲) 菊地浩二(新千葉建設㈱)

菊地伸雄(新千葉建設㈱) 橋立直寛(新千葉建設㈱)

小林竜也(㈱笹原工務店) 有吉正祐(㈱笹原工務店)

橋口康弘(進和建設㈱)

 

大 会 宣 言

現在の建設業労働災害の傾向として人手不足による高齢

労働者の増加や未経験労働者の雇用により、これらの方々が

被災されるケースが増えています。また、長時間労働や休日

不足による過労やメンタル部分に係る問題も表面化しています。

これらの諸問題に対して、労働災害防止対策を総合的、

計画的に実施する事が重要となります。

労働災害防止に基づいた安全教育と、危険予知・体調管理

など日々の確認によるリスクの低減、休日を取りやすい労働

環境改善など、これらの積み重ねが労働災害防止へと繋がります。

本大会を契機とし、会員事業場だけでなく、協力業者や

一人親方まで、作業を行うひとりひとりに対してこのような

現状を共有し、本年度の安全週間スローガンであります

『安全は 急がず 焦らず 怠らず 』

のもとに、安全意識の高揚と安全活動の定着を図り、誰もが

健康に、安心して働く事ができる快適な職場環境づくりに

邁進する事をここに誓います。

令和4年7月13日

市原市建設連合協同組合

一般社団法人 千葉県建設業協会市原支部

 
 

 
 

ASSOCIATION OUTLINE

組合紹介

CONTACT US

お問い合わせ・ご相談は
こちらからお気軽にお寄せください。

TEL:0436-21-8891

お問い合わせフォームはこちら